Qrion

sink

Release Date : 2014/05/01

Format : Digital Free

Catalogue Number : SENF008

Art Work : PATANICA

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Download

1 crystal
2 sink
3 mizu
4 end of summer
5 end of summer (Madegg Remix)
6 mizu(I am robot and proud Remix)
7 child

 
 
Qrion
qrion_006
 
1994年生まれ。札幌在住。
現役女子高生で2枚のEPをSenSeから2週連続でリリース。
10代の繊細な心境、女性の感性に留まらないメロディがインターネットユーザーを中心に注目を集め、LIVEも各地で精力的に行う。
2014年5月にミニアルバム「sink」をフリーダウンロードでリリース。Twitterでのふとした交流からカナダ のプロデューサー”Ryan Hemsworth”との共作「Every SquareInch」(with Qrion)をsoundcloud上にて発表。
瞬く間に世界中にQrionの名が広がり、2015年3月にアメリカ・サンフランシスコ公演、2015年5月にアメリカツアー、9月のアメリカ公演を成功させた。
 
Web site
SoundCloud
Twitter

i am robot and proud
IARAP13
 
カナダはトロント出身、ショウハン・リームのプロジェクト。トロント王立音楽院で10年間クラシックピアノを学んだ後、コンピューターサイエンス科の学位を取得。2000年から手塚治虫『鉄腕アトム』にちなんだIARAP名義にて音楽活動を開始。エレクトロニックとオーガニックを巧みに融合させた、柔らかで丸みを帯びた記名性の高い音色と、牧歌的で優しく沁みるメロディ、どこまでも心地よいテンポのIARAPサウンドを確立。ペンギンジャケで知られる3rdアルバム『the electricity in your house wants to sing』(2006)は日本でも大反響を呼び、Tower RecordsのNew Ageチャート、iTunesのElectronic Musicチャートで一位を獲得。IARAPのリリース&ツアー以外にも、YAMAHA「TENORI-ON」のモニター、プレイステーションソフト『サウンドシェイプ』の開発、アディダスやカロリーメイトのCMへの楽曲提供、DE DE MOUSEやAira Mitsukiらのリミックスを担当するなど、その活動は多岐にわたっている。2013年9月4日、オリジナル・アルバムとしては5年振りとなる5thアルバム『touch/tone』を発売。
 
Web site
Twitter

MADEGG (flau / Bunkai-Kei / Day Tripper Records)
madegg
 
京都在住、平成4年生まれ。16歳より制作を開始。2012年flauより1st Album “Tempera” をTシャツというフォーマットでリリース。 サウンドスケープビートとも言える世界観により、日本だけでなく英米の主要音楽メディアに取り上げられ高い評価を得る。 その年の国内ビッグイベントに多数出演し、Clark、Mount Kimbie、Teebs、School Of Seven Bells、ITALらと共演。 2013年、最年少でSonarSound Tokyo、Taste Of Sonar Osaka 両日に出演、 4月27日には2nd full Album “Kiko” をDayTripper Recordsよりリリース。
 
Web site
SoundCloud
Twitter